松浦珈琲 matsuura coffee 辺境の自家焙煎珈琲豆販売店

松浦珈琲の考える理想の珈琲

f0170815_2146211.jpg
デミタス Demitasse



理想の珈琲とは?おいしい珈琲とは?
それは「冷めても濁らない珈琲」であると松浦珈琲は考えます。

簡単に目で見てわかる「おいしい珈琲・鑑定法」を紹介しましょう。
◎スプーンをカップに浅く入れたとき、スプーンの金属反射が冴えている(透明感がある)かどうか。
◎珈琲を冷まし、グラスに移して日光に透かしてみたとき、美しく澄んだ琥珀色をしているかどうか。

松浦珈琲の目標は、
この澄んだ琥珀色の理想の珈琲をお客様ご自身にも実現していただくこと。
それには
・素材としての生豆の品質
・焙煎の技術 
(ここまでは松浦珈琲が自信をもって提供いたします)
・ミルの精度
・水質
・ドリップの器具・方法etc.
さまざまな好条件が必要です。

正直に言って、良質の珈琲豆でなければ、いくら器具をそろえドリップを工夫してみても、おいしい珈琲にたどりつくのは難しい、というのが事実です。
ですから、まずは

松浦珈琲の豆を選ぶ。
それがおいしい珈琲へのスタートです。


そして次は、お客様の欲求度に合わせて器具をかえたり、ドリップを工夫したりすることで、さらによりおいしい理想の珈琲へと進化させていくことができます。
これが珈琲の面白さであり奥深さです。
どうぞ珈琲を楽しんでみてください。
松浦珈琲は珈琲豆を販売するだけでなく、お客様によりおいしい珈琲を飲んでいただくにはどうすればよいか、お客様と一緒に考え、適切なアドバイスができる店でありたいと考えています。
ご質問、ご意見、遠慮なくどうぞ。


f0170815_19443261.jpg

f0170815_07045381.jpg




by matsuura_coffee | 2008-05-18 09:19 | 松浦珈琲の考える理想の珈琲